Hiro blog

今週のお題・生活情報・日々思うことを投稿します。よろしくお願いします。

「私の実家」

f:id:T-Design:20220119182642j:plain

実家

 私の実家は、祖父の時代に材木屋をやって

 いました。

 その名残か庭には、材木を運ぶ「大八車」の

 車輪や材木が転がっていました。

 

子供時代

 私の子供時代は材木の破片でコマを

 作ったり材木を組み合わせて、アートぽい

 ものを作っていました💦

 

 庭にあった物置は、戦時中に「防空壕

 として使われていたそうです。

 「防空壕」の上は畑になっていたそうです。

 不思議ですね。

 空襲警報が発令されると「防空壕」に

 避難したそうです。

 

 祖母は「琴の師匠」をしていて、

 お弟子さんが10名ほどいたそうです。

 後にお弟子さんと写った写真が出てきました。

   

 私は子供時代に、祖母より簡単な

 琴の演奏(♪さくらさくら)を

 教えていただきました。

 f:id:T-Design:20220625002412j:image

琴の起源

 

箏は、奈良時代に中国、当時の唐から

 日本に伝わり、雅楽の伴奏楽器として

 演奏されたのが始まりと言われています。

 平安時代には貴族の楽器として使われ、

源氏物語」の中にも箏が登場します。

 その後、福岡県にある寺の僧侶によって

筑紫箏(つくしごと)」というジャンルが

 生まれました。

 江戸時代に入ると、その筑紫箏をもとに

 八橋検校(やつはしけんぎょう)によって、

 現在の箏曲(そうきょく)の原型となる

 新しいスタイルの曲が作られました。

 江戸時代後期から明治時代に入ったころ、

 一般に普及したと言われています

 

 

 

同時にお茶のお作法も教えていただきました。

 

茶は中国から持ち込まれた
 

日本での茶の歴史は、奈良〜平安時代初期

 に中国から持ち込まれたことから始まります。

 

 

f:id:T-Design:20220625002907j:image

 今となっては、いい経験になりました。

   

    あとは父(有段者)から柔道を

 教えてもらいました。

 

 子供の頃の経験はとても大切ですね。

 

 

 

 

head>